札幌市の漢方薬専門薬局 伝統漢方からさわ薬局/JR札幌駅徒歩5分

スクリーンショット 2014-05-30 17.44.33.png

HOME > ご相談の多いご病気 > 不妊症の漢方治療について(1)

Memo.png不妊症の漢方薬・漢方治療について(1)

不妊症についての情報は専門のサイトにゆずりますが、現在多くの方が専門医を受診していらっしゃいます。不妊症に対して漢方が効果をあげることは珍しくなく、漢方が力になれる重要な分野と考えます。
からさわ薬局では10年ほど前から不妊症にも取り組んでおります。他にご相談の多いご病気の対応のため、積極的なアピールを控えておりましたが、先人達から受け継いだせっかくのノウハウと技術を活かすことの重要性を考え、今後は積極的に取り組んでまいります。

「大塚敬節先生のヒント」

からさわ薬局に不妊症でご相談にみえる方は、すでに通院歴も1年〜2年以上にわたるような方ばかりです。そうなると難しい方が多いため、皆さんが必ず妊娠・出産できるとは言い切れませんが、そんな背景を考えてみても実に多くのお客様の喜ぶ笑顔と出会うことができました。

もちろん、すでに他の漢方薬局や漢方を処方する医師の治療を受けてきた方も珍しくありません。
難しい患者さんをずっとみてきて、教科書的な婦人科の漢方だけではやはり難しいと思います。

昭和の漢方復興に尽力された名医・大塚敬節先生がこんな話をしています。

ある婦人に、慢性胃炎に対して安中散(あんちゅうさん)という漢方を与えたところ2ヶ月あまりですっかり元気になった。ところが3、4ヶ月たったらまた胃の具合が悪いというので診察すると妊娠しているとみられた。その患者さんは16年も妊娠できなかったために妊娠したと信じなかったので、婦人科医を紹介してみてもらったところ間違いなく妊娠していた。

安中散は今では市販の漢方胃腸薬にも採用されている処方ですが、これを服用して体調がよくなったら妊娠した。実に漢方の不思議なところ、病名漢方だけでは限界がある真理を教えてくれています。(※この事例はたまたま安中散でしたが、そんなに簡単ではないので自己判断をしませんようにご注意くださいね)

漢方で「妊娠しやすい体質づくり」するためには様々な要素を考えていかなければなりません。
もちろん、専門医によって西洋医学的に診断された内容は漢方を考える上でも大いに参考になります。

「女は七の倍数、男は八の倍数」

養命酒のCMですっかり有名になったこのフレーズ、東洋医学の古典「黄帝内経素問」の「上古天真論」に書かれている生殖機能についての話が元になっています。「七損八益」とも言われます。
上古天真論には女性は成長に伴い「任脉が通じ血海である衝脉も盛んになり生殖機能が備わる」ということが書かれています。東洋医学的に不妊を考える上で、重要なポイントです。任脉を通じ衝脉を盛んにする治療点をしっかりと検討することが大事であり、技術を要するところです。

私の師匠の師匠である、故・入江先生は古典のこの内容に着目し、針と漢方をもちいて縦横無尽に治療を発案され、大きな礎を残しました。私もその流れを師匠から受け継いだ一人として、北海道では誰にも負けないこのノウハウをより一層磨いていきたいと思います。


>>>不妊症の漢方薬・漢方治療について(2)へ続きます

からさわ薬局の漢方相談は完全予約制です。
こちらを読まれてからお電話でご予約下さい。

お知らせ

ご相談は完全予約制相談です。
ご予約が混み合っておりますので、直接ご来店いただきましてもご相談はお受けできません。
からさわ薬局の方針等をご理解の上、必ずご予約ください。

初めてのご予約は約2週間先になるとお考えください。土曜日のご相談が特に混み合いますので、新規のご相談は火曜日〜金曜日の午後にのみお受けしております。

症状別メニュー

最新情報・治療例はBlogでも。
からさわ薬局の公式ブログ「手のひらのBlog」からさわ薬局の公式ブログ「手のひらのBlog」
漢方の資料室/研究者向け
からさわ薬局の公式ブログ「手のひらのBlog」からさわ薬局の公式ブログ「手のひらのBlog」

からさわ薬局のこだわり…



LinkIconfacebookページ

漢方の現場から生まれた低コスト・省スペースの生薬分包機です。製品名HC-003。漢方の現場から生まれた低コスト・省スペースの生薬分包機です。製品名HC-003。