札幌市の漢方薬専門薬局 伝統漢方からさわ薬局/JR札幌駅徒歩5分

HOME

漢方部門、ビル3階に移転しています

平成28年8月23日より、北海道庁北向の1階から同ビル3階に移転しました。従来の1階店舗は平成28年10月11日より処方せん調剤を中心とした薬局にリニューアルオープンしました。

移転後の店舗へのご案内はこちらをご覧ください。

年末年始のお知らせ

年内の営業は12月28日まで、年始は1月5日より営業です。
年末年始は既存の患者さんのご予約で混み合いますので、一時新規のご相談をお休みいたします。
年内の新規のご相談受付は12月16日まで、年始は1月17日以後でお受けしています。

北海道庁前で半世紀以上。その痛みに強い漢方薬局です。

IMG_1272 1.jpeg
札幌駅から徒歩5分、旧北海道庁赤レンガ前で昭和30年創業の伝統漢方専門薬局、伝統漢方からさわ薬局です。
一歩先を行く漢方相談薬局を目指して実践漢方一筋。

伝統漢方からさわ薬局では、これまで不妊症・習慣性流産、腰痛・坐骨神経痛、心の病気、掌蹠膿疱症などの数多くの難症に取り組んできました。なかなか良くならない、改善しない様々なご病気、ご症状で困っている方に、漢方が力になれることはまだまだございます。
医療気功の糸練功を駆使してより詳しく病態を解析します。そのつらい症状、あきらめずに漢方も考えてみませんか?

LinkIcon伝統漢方からさわ薬局へのアクセス


〈初めてのお客様へ〉

漢方相談は完全予約制となっております。お電話でご予約ください。
電話011-221-0204

営業時間 火曜日〜土曜日 9:00〜12:00/13:00〜18:00
定休日  日曜日・月曜日・祝日
その他、大学講義・学会研修出張・公務等により臨時休業する場合がございます。
ページ下部のカレンダーをご参照ください。

〈伝統漢方からさわ薬局の漢方相談について〉

002.JPG002.JPGReal_col_HandLens.gifよくご相談いただくご病気
伝統漢方からさわ薬局でご相談の多いご病気の例です。
・不妊症、不育症(習慣性流産)
腰痛、坐骨神経痛不妊症
・自律神経失調・不安神経症など心のご病気
・掌蹠膿疱症、女性に多い慢性的な手あれ
・痔(痔核、脱肛、痔ろう、特に産後の痔)

>>続きを読む/ご相談の多いご病気について

Real_col_Memo.png薬剤師のご紹介
唐沢 豪貴(からさわ ひでたか)

薬剤師・株式会社からさわ薬局代表取締役
北海道大学薬学部/非常勤講師・臨床教授(2009.4〜現職)

伝統漢方研究会会員
東亜医学協会会員
日本薬剤師会会員/北海道薬剤師会会員(正代議員)


>>続きを読む/薬剤師のご紹介

漢方の現場から生まれた卓上型の生薬分包機です。漢方の現場から生まれた卓上型の生薬分包機です。
からさわ薬局の開発製品、全国の漢方薬局様・調剤薬局様にご導入いただいております。
高価な自動分包機を使わなくても煎じ薬の分包作業が飛躍的に簡単になります。

お知らせ

ご相談は完全予約制相談です。
ご予約が混み合っておりますので、直接ご来店いただきましてもご相談はお受けできません。
からさわ薬局の方針等をご理解の上、必ずご予約ください。

初めてのご予約は約2週間先になるとお考えください。土曜日のご相談が特に混み合いますので、新規のご相談は火曜日〜金曜日の午後にのみお受けしております。

症状別メニュー

最新情報・治療例はBlogでも。
からさわ薬局の公式ブログ「手のひらのBlog」からさわ薬局の公式ブログ「手のひらのBlog」
漢方の資料室/研究者向け
からさわ薬局の公式ブログ「手のひらのBlog」からさわ薬局の公式ブログ「手のひらのBlog」

からさわ薬局のこだわり…



LinkIconfacebookページ

漢方の現場から生まれた低コスト・省スペースの生薬分包機です。製品名HC-003。漢方の現場から生まれた低コスト・省スペースの生薬分包機です。製品名HC-003。