札幌市の漢方薬専門薬局 伝統漢方からさわ薬局/JR札幌駅徒歩5分

症例画面.001.tiff

HOME > 漢方の症例 > 腰痛の女性

漢方の症例

腰痛の女性

40代の女性。
しばらく前から腰痛が起こり、右の殿部にも刺すような痛みがある。動作時、腰の屈曲時に痛みが走る。
整形外科を受診して骨自体には異常なし。痛み止めと湿布剤が出て経過観察。

ご相談を受けて糸練功にてチェックすると、第3腰椎と第4腰椎に反応あり。
第3腰椎は経絡病の陽証、第4腰椎は臓腑病の陰証であり、二点の治療と思われる。
それぞれに漢方薬を選び、陽証から陰証の順に服用するように治療を設定した。

約1週間で痛みがかなり改善。腰痛はほぼ日常感じなくなり、動作も楽に。
右臀部の痛みは鈍痛に変わり、軽減された。
陽証の経絡病は浅く、症状は強いが改善は比較的速い。
陰証の臓腑病はやや深く、再発防止に少し時間がかかると思われるが、改善速度からみるとそれほど期間を要しないのではと思われる。
必要最小限に絞りながら再発防止に取り組むこととした。

この患者さんに使用した漢方薬の価格
陽証の腰痛に対して 270円/1日分
陰証の腰痛に対して 420円/1日分

LinkIcon漢方の症例メニューへ戻る

LinkIconご相談方法をみる

お知らせ

ご相談は完全予約制相談です。
ご予約が混み合っておりますので、直接ご来店いただきましてもご相談はお受けできません。
からさわ薬局の方針等をご理解の上、必ずご予約ください。

初めてのご予約は約2週間先になるとお考えください。土曜日のご相談が特に混み合いますので、新規のご相談は火曜日〜金曜日の午後にのみお受けしております。

症状別メニュー

最新情報・治療例はBlogでも。
からさわ薬局の公式ブログ「手のひらのBlog」からさわ薬局の公式ブログ「手のひらのBlog」
漢方の資料室/研究者向け
からさわ薬局の公式ブログ「手のひらのBlog」からさわ薬局の公式ブログ「手のひらのBlog」

からさわ薬局のこだわり…



LinkIconfacebookページ

漢方の現場から生まれた低コスト・省スペースの生薬分包機です。製品名HC-003。漢方の現場から生まれた低コスト・省スペースの生薬分包機です。製品名HC-003。