札幌市の漢方薬専門薬局 伝統漢方からさわ薬局/JR札幌駅徒歩5分

症例画面.001.tiff

HOME > 漢方の症例 > 不妊症(不育症)(1)

漢方の症例

不妊症(不育症)(1)

40歳女性 習慣性流産(妊娠するが維持できない、不育症)のご相談。
相談の1年半ほど前に自然妊娠したが6週で化学流産したという。
不妊外来を受診して半年目。抗リン脂質抗体が陽性であり、投薬とHCG注射をうけている。

金匱要略の薬方を2つ兼用とした。
1ヶ月目、月経前のだるさや前兆が消失した。
3ヶ月目よりメインの一薬方のみとして経過を見た。

漢方服用から5ヶ月半ほどで妊娠反応陽性。同薬方を安胎薬として継続してもらった。
妊娠が安定期に入ってから安胎薬を別な薬方に切り替える。
一時期、尿蛋白が陽性になるも、安胎薬を継続して陰性に。
無事に元気な赤ちゃんを出産されました。

LinkIcon漢方の症例メニューへ戻る

LinkIconご相談方法をみる

お知らせ

ご相談は完全予約制相談です。
ご予約が混み合っておりますので、直接ご来店いただきましてもご相談はお受けできません。
からさわ薬局の方針等をご理解の上、必ずご予約ください。

初めてのご予約は約2週間先になるとお考えください。土曜日のご相談が特に混み合いますので、新規のご相談は火曜日〜金曜日の午後にのみお受けしております。

症状別メニュー

最新情報・治療例はBlogでも。
からさわ薬局の公式ブログ「手のひらのBlog」からさわ薬局の公式ブログ「手のひらのBlog」
漢方の資料室/研究者向け
からさわ薬局の公式ブログ「手のひらのBlog」からさわ薬局の公式ブログ「手のひらのBlog」

からさわ薬局のこだわり…



LinkIconfacebookページ

漢方の現場から生まれた低コスト・省スペースの生薬分包機です。製品名HC-003。漢方の現場から生まれた低コスト・省スペースの生薬分包機です。製品名HC-003。