札幌市の漢方薬専門薬局 伝統漢方からさわ薬局/JR札幌駅徒歩5分

症例画面.001.tiff

HOME > 漢方の症例 > 月経時の頭痛

漢方の症例

月経時の頭痛

月経時期におこる不調の中で、頭痛の相談がたまにある。

一例は30代の女性、月経近くになると吐き気を伴う頭痛がある。10代後半から出ているらしい。手足の冷えと吐き気から、陰性の頭痛に用いる漢方を候補に選び、頭部を糸練功でチェックして確認した。
最初の月経時には頭痛があったが、その次から頭痛が軽くなった。冷たいもの、生野菜・海藻類を控えてもらい、漢方を続けると3ヶ月ほどで全く症状が出なくなり漢方治療を終えた。

もう一例は30代の女性、数年前から月経前に耳から頭にかけての痛み、だるさ、吐き気がある。頭痛の専門医の治療を受けたが改善されないとのことで相談に。
望診、問診内容から陰性の頭痛のタイプとみられ、候補の漢方を試したが、2回目に糸練功でチェックしてみるとやや陽証が混ざっていることに気がつく。
候補の薬方を考え直し、やや陽証で婦人に使う独特の気剤が多い漢方薬に切り替えてみたところ、次の月経から頭痛は半分くらいに軽くなった。継続治療していくと1/10くらいになった。再発防止まで経過をみたいと思っている。

LinkIcon漢方の症例メニューへ戻る

LinkIconご相談方法をみる

お知らせ

ご相談は完全予約制相談です。
ご予約が混み合っておりますので、直接ご来店いただきましてもご相談はお受けできません。
からさわ薬局の方針等をご理解の上、必ずご予約ください。

初めてのご予約は約2週間先になるとお考えください。土曜日のご相談が特に混み合いますので、新規のご相談は火曜日〜金曜日の午後にのみお受けしております。

症状別メニュー

最新情報・治療例はBlogでも。
からさわ薬局の公式ブログ「手のひらのBlog」からさわ薬局の公式ブログ「手のひらのBlog」
漢方の資料室/研究者向け
からさわ薬局の公式ブログ「手のひらのBlog」からさわ薬局の公式ブログ「手のひらのBlog」

からさわ薬局のこだわり…



LinkIconfacebookページ

漢方の現場から生まれた低コスト・省スペースの生薬分包機です。製品名HC-003。漢方の現場から生まれた低コスト・省スペースの生薬分包機です。製品名HC-003。