札幌市の漢方薬専門薬局 伝統漢方からさわ薬局/JR札幌駅徒歩5分

症例画面.001.tiff

HOME > 漢方の症例 > のどの異物感とうつ

漢方の症例

喉の異物感とうつ症状

40代の女性、喉の異物感や声枯れがあり、気分がふさいでうつ症状と言われた。
漢方薬で気うつと喉の異物感(気滞)をとる代表的なものをメインとして、発散に対する補助剤を併用したところ著効であった。

その後、数ヶ月漢方を飲んでほとんど症状がなくなり、気分もよく日常を過ごせるようになったという。
しかし、糸練功でチェックするとまだそこそこの反応がみられ、もう少し漢方を続けて欲しかったが、続けられない事情があったようで一旦終了とした。

思った通り、その後数ヶ月〜半年おきに同様の症状が出ることがあるが、そのたびに漢方を少しずつ飲まれる。軽い症状が出たときにすぐに漢方を飲み始めるとまた落ち着き、1ヶ月ほどするともう良いと言われる。
本当はそこからもうひと頑張りして継続しておくと再発しにくいのだが、患者さんの事情もあるようなので、出来る範囲でやっていただきながら様子を見ていただいている。

この患者さんに使用した漢方薬 2週間分 5,290〜5,880円

LinkIcon漢方の症例メニューへ戻る

LinkIconご相談方法をみる

お知らせ

ご相談は完全予約制相談です。
ご予約が混み合っておりますので、直接ご来店いただきましてもご相談はお受けできません。
からさわ薬局の方針等をご理解の上、必ずご予約ください。

初めてのご予約は約2週間先になるとお考えください。土曜日のご相談が特に混み合いますので、新規のご相談は火曜日〜金曜日の午後にのみお受けしております。

症状別メニュー

最新情報・治療例はBlogでも。
からさわ薬局の公式ブログ「手のひらのBlog」からさわ薬局の公式ブログ「手のひらのBlog」
漢方の資料室/研究者向け
からさわ薬局の公式ブログ「手のひらのBlog」からさわ薬局の公式ブログ「手のひらのBlog」

からさわ薬局のこだわり…



LinkIconfacebookページ

漢方の現場から生まれた低コスト・省スペースの生薬分包機です。製品名HC-003。漢方の現場から生まれた低コスト・省スペースの生薬分包機です。製品名HC-003。