札幌市の漢方薬専門薬局 伝統漢方からさわ薬局/JR札幌駅徒歩5分

症例画面.001.tiff

HOME > 漢方の症例 > 顔面の湿疹

漢方の症例

顔面の湿疹

50代の女性、顔面の湿疹。ここ数年、ステロイド剤を外用していたが春先から悪化し、目の周りが赤く腫れる。
皮膚科にて抗アレルギー剤の内服とビタミンB2B6、リンデロン外用などを試したが十分な改善がみられず、札幌市内の漢方クリニックを受診し、1ヶ月前からステロイド剤を中止。漢方エキス剤を6処方くらい使ってきたがなかなか改善がみられないとのこと。

顔面にはやや熱感があり、発汗部位にも症状がややみられることから湿性と考えると候補は陽証の湿の皮膚炎に対する漢方薬と思われる。
糸練功で確認し、漢方薬一種類をお勧めした。

冷たい風にあたると涙が出る。半月後には赤みはだいぶひいてきたように見られた。
その後、同じ薬方を基本薬方とし、状況に応じてアレルギーに対する補助の薬方を一時的に使用したが、ほぼ最初にお勧めした漢方薬のみで改善していく様子であった。

4ヶ月後にはほぼ流涙もなくなり、発赤は再発せず、かゆみもほとんどない日が多くなり、約半年で漢方治療を終えた。

この患者さんに使用した漢方薬 2週間分 4,555円〜4,995円

LinkIcon漢方の症例メニューへ戻る

LinkIconご相談方法をみる

お知らせ

ご相談は完全予約制相談です。
ご予約が混み合っておりますので、直接ご来店いただきましてもご相談はお受けできません。
からさわ薬局の方針等をご理解の上、必ずご予約ください。

初めてのご予約は約2週間先になるとお考えください。土曜日のご相談が特に混み合いますので、新規のご相談は火曜日〜金曜日の午後にのみお受けしております。

症状別メニュー

最新情報・治療例はBlogでも。
からさわ薬局の公式ブログ「手のひらのBlog」からさわ薬局の公式ブログ「手のひらのBlog」
漢方の資料室/研究者向け
からさわ薬局の公式ブログ「手のひらのBlog」からさわ薬局の公式ブログ「手のひらのBlog」

からさわ薬局のこだわり…



LinkIconfacebookページ

漢方の現場から生まれた低コスト・省スペースの生薬分包機です。製品名HC-003。漢方の現場から生まれた低コスト・省スペースの生薬分包機です。製品名HC-003。