札幌市の漢方薬専門薬局 伝統漢方からさわ薬局/JR札幌駅徒歩5分

症例画面.001.tiff

HOME > 漢方の症例 > 突発性難聴男性

漢方の症例

突発性難聴が早期に改善した男性

50代の男性。突発性難聴で左耳がガーガー鳴り出した。以前に、からさわ薬局でお買い物をされて当薬局をご存知だったらしく、お電話をいただいたが電話も一方的にお話されるだけでこちらの話はうまく聞き取れない。とにかく来ていただくことにしました。
発症する前に大勢の前で話すことがあり、非常に緊張した。来局時はやや顔面が紅潮した感じで、とにかくひどい音が鳴り続けているとのこと。
左耳を糸練功でチェックすると非常に強く異常を感じる。左耳で捉えられる異常は、ストレスの影響を受けやすい五志の憂の反応穴にも重なる。
経別脈診部をチェックして腎の陽証と判断し、本間棗軒の経験方である二薬方の合方を適方と判断し、それぞれの配合比率をチェックして2週間分をお出しした。

2週間後、どの程度治まってくれたものかと心配しながらご来局を待った。
来局されると、2週間前のあの緊迫感はなく、こちらの言葉もすっと通じる。
聞けば、数日で耳鳴りが減少し、現在は「もう治った気がします」とのこと。
再度、左耳を糸練功でチェックすると、確かに勢いがかなり弱くなっていました。

念のため、再発防止のレベルまで漢方を飲んでおいてくださいね、とお願いし、薬方の配合比率をチェックして2週間分をお渡しした。
後日連絡があり、「もうまったく気になりませんので、しばらく様子を見ます」とのこと。

通常、病院に長く通院されて症状が一進一退の場合に漢方相談に訪れる患者さんが多いのですが、この男性は発症後数日でご来局されました。
初期に調べると、ご病気も浅かったせいでしょうが、想像以上に早い回復をみられることを経験しました。
一般的にはストレス(五志の憂)の反応との関係を重視し、気の上衝に対する薬方を主に用いていますが、時に耳管炎様の反応とみられるものが混在している場合もあり、その場合は浅田宗伯翁が耳聾に用いた経験方との組み合わせで考えることもあります。
ご病気の発症から時間がたっていたり、潜在的な長期のストレスとの関係がある場合、なかなか漢方でも治るまで時間がかかる場合もございます。

LinkIcon漢方の症例メニューへ戻る

LinkIconご相談方法をみる

お知らせ

ご相談は完全予約制相談です。
ご予約が混み合っておりますので、直接ご来店いただきましてもご相談はお受けできません。
からさわ薬局の方針等をご理解の上、必ずご予約ください。

初めてのご予約は約2週間先になるとお考えください。土曜日のご相談が特に混み合いますので、新規のご相談は火曜日〜金曜日の午後にのみお受けしております。

症状別メニュー

最新情報・治療例はBlogでも。
からさわ薬局の公式ブログ「手のひらのBlog」からさわ薬局の公式ブログ「手のひらのBlog」
漢方の資料室/研究者向け
からさわ薬局の公式ブログ「手のひらのBlog」からさわ薬局の公式ブログ「手のひらのBlog」

からさわ薬局のこだわり…



LinkIconfacebookページ

漢方の現場から生まれた低コスト・省スペースの生薬分包機です。製品名HC-003。漢方の現場から生まれた低コスト・省スペースの生薬分包機です。製品名HC-003。