札幌市の漢方薬専門薬局 伝統漢方からさわ薬局/JR札幌駅徒歩5分

症例画面.001.tiff

HOME > 漢方の症例 > 腰痛・坐骨神経痛(1)

漢方の症例

腰痛・坐骨神経痛


40代の男性。立ち仕事。何度かぎっくり腰を起こしている。
このところ腰痛が長引き、右殿部から膝の裏側にかけて痛みとしびれを伴う坐骨神経痛が出ている。
糸練功で腰部からチェックしていくと、第4腰椎あたりから右側の坐骨神経に沿って、膀胱経の陰証を確認。働き盛りの世代の坐骨神経痛に多い薬方の適するタイプと見られる。


薬方Aを選ぶ。20日ほどして、少し良いようだが、まだ痛みと腰の重だるさは強い。薬方Aに、代謝を活発にする補助剤を検討し同時服用とする。
更に、腰部の筋肉のこわばり(東洋医学では経筋証と呼ばれる)をとるために外用をひとつ補助とする。


その後の経過を伺うと著効であった。痛み・重だるさは補助剤を足してから急速に改善。
その後は症状が軽くなったので服用しない期間がしばらくあった。何度か腰痛がぶり返したが、その都度服用をして、以前のような痛みも坐骨神経痛も現在は再発していない。
それから今までに同様の症例を多く経験した。患者さんの状態によっては、カルシウム・ミネラル製剤が必要なタイプもあり、急性部分と慢性部分を別々に治療しなければならないタイプも経験している。


(参考:この患者さんに使った漢方製剤・補助剤の価格)
薬方A 20日~1ヶ月分 12,000円
代謝を活発にする補助剤 1ヶ月分 4580円
経筋に対する外用 10回分 1100円

LinkIcon腰痛・坐骨神経痛の漢方治療について

LinkIcon漢方の症例メニューへ戻る

LinkIconご相談方法をみる

お知らせ

ご相談は完全予約制相談です。
ご予約が混み合っておりますので、直接ご来店いただきましてもご相談はお受けできません。
からさわ薬局の方針等をご理解の上、必ずご予約ください。

初めてのご予約は約2週間先になるとお考えください。土曜日のご相談が特に混み合いますので、新規のご相談は火曜日〜金曜日の午後にのみお受けしております。

症状別メニュー

最新情報・治療例はBlogでも。
からさわ薬局の公式ブログ「手のひらのBlog」からさわ薬局の公式ブログ「手のひらのBlog」
漢方の資料室/研究者向け
からさわ薬局の公式ブログ「手のひらのBlog」からさわ薬局の公式ブログ「手のひらのBlog」

からさわ薬局のこだわり…



LinkIconfacebookページ

漢方の現場から生まれた低コスト・省スペースの生薬分包機です。製品名HC-003。漢方の現場から生まれた低コスト・省スペースの生薬分包機です。製品名HC-003。